昨日の肉と、今日のチョコ

人生は美味しいと楽しい、それだけがいい

次の恋は、もう大丈夫

甘美な恋の端っこに人生は落ちていた

 

先月のはじめ、ふらりと入った飲食店でひとりの店員さんに連絡先を渡した 

いつもそうなんだけど、わたしの恋は大体パッと見の雰囲気で始まる

前髪の長さ、トップスのサイズ、飲食なのに汚れていないスニーカー、見た目と裏腹に落ち着いた声

 

飲みに行った

わたしはずっと 女の子でいられた

階段の登り降り、オーダー、荷物 小さな全て徹底して紳士で、それは軽く引くほどの紳士で、でも浮かれてしまうくらい紳士だった

「あ、わたし女の子として甘やかされることを望んでもいいのかも」

 

酔っていたけれど、思えば相当キザなセリフも吐いていた

スリーピースのスーツとキザが三度の飯より好きなわたしにとって、天国のような時間で、でも目が覚めたら地獄になっていることもわかっていたんだけど

 

 

甘えていいですよ と、それも直接的でなく

そんなの生まれて初めて言われた でもずっと誰かに言って欲しかったんだと思う 

甘えていいよと言われて初めて、許されてはじめて、誰かに寄りかかれるような気がしたの

 

誰かに甘やかされたい

思いきり、潰れるくらい抱きしめられたい

一晩中誰かの腕に包まれて眠りたい

わがままを言いたい

我慢なんかしないで悲しかったら助けてを、寂しかったら寂しいを言いたい

 

 

ずっとわかって目を瞑ってきた自分を突きつけられた気持ち

「人生変わりましたか?」と笑うひと

人生、変えられてしまった女

 

わたしはもっと甘えていいし、わたしはちゃんと愛されるべきだし、ロマンチックも優しさもドキドキもエロスも全部、求めていい

 

当たり前のことに気づいたら、身軽になった気がする

もう大丈夫だと少しずつ思えてきた もう大丈夫、わたしは自分のために何かを願ってもいい

 

全ての女の子も男の子も、誰かの腕の中で自由になったらいい

 

死ぬまで両目で愛していたい

「恋愛は両目を開けて、結婚したら目を瞑れ」と言われるけれど、できればわたしは死ぬまで両目を開けて愛していたい。

 

目を瞑ればこの恋は続く、と思ったけれど、目をつぶったらそれはもう相手を見るのをやめることだから、続くわけはない。相手をひたすら見つめ続けて向き合い続けていたい。

そのために、向き合い続けられる人を選ぶこと。片目をつぶったり我慢をしたり、しないでも一緒に居られる人を。

 

両目で恋をして、両目で愛して、その眼に最期に映る女でありたい。

3年と2ヶ月と28日の恋

好きだった。そりゃもう、ずっと一緒にいたかった。


でもいつかきっと好きだけでは立ち行かなくなるときが来る。わたしがわたしであるために、彼が彼であるために、ふたり一緒にいるのが窮屈なときが来る。
そのときがくるまで待つのも間違いではないと思う。間違いではないと思うけど、正解とは思わなかった。

 

「でもひとりになりたくないんだよね」
同期や先輩に相談する中で、ほんとは何度も言った言葉。
ひとりは寂しいし、しんどくなったとき誰かにSOSを出せなくなるのは、怖い。でもそれは、一緒にいる理由じゃない。
ヘルシーな恋がしたかった。
泣くことも弱くなることも怒ることもわがままを言うことも、何もためらわなくて良い恋。
続かないラインも、定食やラーメンばかりの夕飯も、愛おしかった。でもどこかで諦めていたのも事実なんだよ。くだらない続かないラインとか、大戸屋の定食とか。夜景なんて見えなくてもいい、横文字のご飯が食べたいわけじゃない。くだらないLINEを送りあいたかった、規則的な2週に1度じゃなくて会いたい時に会いたかった。言わなかったわたしが悪いことは百も承知だ。

 

この人はそういう人だから。

相手を受け入れることと諦めることの違い、私にはまだ分からない。

 

ふたりで間違えて、ふたりで正解だったといってほしい。だけどそもそもわたしたちが解いてた問題は全く別物で、だから式も解もちぐはぐで分かり合えなかった。なんてのは、狡いのかな。

 

わかってほしいとは言わないけどその代わり何も言わないで。

でも、厄介な女なので、ほんとうはわかってほしかった。分からなかったとしても、ただひたすら、そっかそうだねとだけ言ってくれていたらよかった。わたしにとっては「明るい人生を歩みたいと思えるようになる」というのがまず最初の関門なんだよ。

囚われ続ける方が楽なこともある。

解き放つ難しさをわたしはこの人の横では手にいられないと、思った。

信頼が終わった時が恋の終わりだよと先輩たちに言われた。

 


彼はまっすぐで正論で、わたしは幼くて弱かった。
ふたりにとって正しい人が、いつかちゃんと見つかりますように。

「向き合う2018」

毎年いろんな目標を立てる気がするけど、見返すことをせず3月くらいでナァナァになってしまうので、今年はまず目標完遂が目標です

 

・フットワークを軽くする

観たい映画、行きたい店、会いたい人、食べたいものを諦めない

 

・「売る」について考える

出来るだけ毎日、その日行った店のことをメモする。どうして訪れたのか、何が目的か、何を見たか、なぜか、何を買ったか、何を買わなかったか、そのほか思うこと。

年的目標として、人はなぜ店に足を運ぶのか、を解決する。

売ることとサービスについて、とわたしのこれからもあわせて。

 

・毎月1品、旬のレシピを作る

ジャンル不問。その季節だからこその料理、お菓子のレシピをきちんと形にするまで作り込む。

1年経った時、食材を変えてでもコース3本くらい立つバリエーションにできたら面白いなあ。

 

・言葉を学ぶ

日教免許取っておけばよかったなと思い出したので。ガリガリ学ぶぞ。

 

今年はとにかく向き合って向き合って向き合って、なんらかを外側にぽこっと出来たらいいな。

キスがしたい触られたい

小さな価値観と、大きな価値観と、どちらかが合わないとして、一緒に生きるならどちらが合うべきなんだろう。

 

食の好みが合って、財布が同じブランドで、読む雑誌も同じ。趣味が合うというのか好みが合うというのか、それはそれで結構大事なことだと思う。

お金のこと、家族のこと、生き方のこと。これが合わないのは結構しんどいよね。

 

でも、価値観の違いだけで別れられるんだろうか。一緒にいたい思いはどこに行けばいいの、触れてほしい欲望は何で満たせばいいの、宙ぶらりんの好きという感情はどこに落ちるの。

 

言葉は言霊だよと言われたり、

距離を置いてみたらと言われたり、

お互い本音で話したことないんじゃないって見透かされたり、

もっとだだこねてみなよって言われたり、

全部なるほどなって思うんですよね。

 

考えても考えても吹っ切って決められないのはたぶん、好きだから。好きという気持ちがある以上、終わりの決断がくだせない。

 

でももし恋人が、終わりを選ぶなら。

わたしはどうするのかな。はじめて子供みたいにだだをこねられるかな、物分かりのいいふりで頷くかな、わたしもそう思うって嘘をつくのかな。嘘はつきたくないな。

 

一緒にいたい。キスがしたい。触れたい、触れられたい。感情はいつだって理性を超えていく。

待つ人のいる家

社会人2年目だけど今の部署はまだ1年も経ってないから自分のことを赤ちゃん社会人と思えばかなり有能だ!

ということにしてはいるんだけど、それでもそんなことは社会では通用しないので、心が日々社会の荒波にもみくちゃにされている

 

この仕事向いてないなとか、

社会人として全然ダメだなとか、

ミスが重なったり抱えている仕事をきちんとまわせなかったり、

上司からのなんでもない小さな指摘にうっかりずっしり傷ついてしまったり。

 

誰かが優しく抱きしめて、23歳なのにいい子いい子って頭を撫でられたりしたい、と思う。

もみくちゃズタボロハートで帰った家に優しいぬくもりと愛があったらいいのに、と思う。

 

 

結婚は決して簡単なことではなくて、愛だけでどうにかなるものではないけど、

愛があれば多分どうにかできることはあって。

お互いに思いやれなきゃそりゃ終わるよね。

終わっていく愛、どっちが悪いとか、どっちがダメだったとか、ひとりのせいじゃきっとない。ふたりで育てていくし、ふたりで腐らせていくものなんだと思う。

 

連絡なく夜中にベロベロになった旦那が帰ってくるとか、帰宅したら何もやってない奥さんがいるとか、お互い思うところは多々あるだろうけど、ふたりで努力して保って育てていかなきゃいけないんですよね。

 

わたしは、待つ人のいる穏やかで尊い家をつくって守っていきたい。

待つ人のいる家はとてつもない幸福で、それを好きな人にも与えてあげたい。

結婚という制度、よくわからないけど、そのために結婚するのも全然アリだと思う。

愛の終わりに

愛の終わりに向き合えるのは、終わってからずっと後のような気がする。

もう戻れない、戻らない、それが確かになったときにやっと、見つめられる気がする。

 

日常のなんでもない名詞をタイトルにつけがちな歌手ことaikoが歌う「線香花火」
久しぶりに聞いたら心がえぐられた。

 

ぽとっと落ちて地面に溶けていく火種と、
手の中に残ったみすぼらしい持ち手。

愛の終わりは見えなくて、今思い返したらあああそこが終わりだったのかと気づく。
今気づいたところで、みすぼらしい持ち手は取っておくことなんかできないんだけど。

愛はいつか終わる、だから嫌です

何度目の告白をそんな風に突っぱねた。
そしたらあの人は、「そんなことはないって証明してみせる」と言って、そんな胡散臭い自信過剰な言葉にぐらつくくらいには多分もう、好きになってた。

結局、違う子を追いかけて去って行ったひと。

愛の終わりに、わたしたちはなにができるだろう。

愛してた人と、愛してた時間の背中を見送るしかできない。

愛の終わりのその時に、できることはなにもないけど、愛おしかったという事実だけは忘れていきたくない。