昨日の肉と今日のチョコ

人生、美味しいと楽しいそれだけがいいな

好きなひとへの贈り物とラブについて

恋人への贈り物を考える時はいつもヤバイクスリをキメたかのような高揚感で浮き足立ってしまう。無論、そんなものキメたことはないけれど。

 

そういえばあの時もこんな気持ちだったなと思い出す。

かつての恋人に大学の卒業祝いを買った時も、今と同じようにうきうきとドキドキが最高潮に達してショーケースの前で涙を浮かべながら選んだ。

結局、あげた数日前におばあちゃんにカルティエを買ってもらったという圧倒的な理由に勝てるはずもなく、お情けでたった一度着けてくれた以降陽の目を見ることはなかったわたしのディーゼル

たぶん、いまは埋め立てられて東京の一部になっていることでしょう。

 

とにかく、誰か、特に大切な人に贈り物をする時のあのまさしく"浮き足立つ"感じ。3cmくらいは浮いてるに違いないあれ。

 

喜んでくれるかな、どれが好きかな、これが似合いそうだな、でもこっちの方がいいかな、ああでもこれもいいな

いろんなことがぐるぐる頭をまわって、選べば選ぶほど混乱してくるのに、その時間が楽しくてたまらない。

それは単純に、頭の中がだいすきなひとでいっぱいになるからかもしれないね。

あの人の笑顔とか、驚いた顔とか、そういう自分が知ってる限りの表情を思い浮かべながら勝手なアテレコをしてめっちゃ喜んでくれるというご都合主義な妄想を繰り広げる。

 

散々悩んで悩んで、不安をひと抱きしながら渡すその瞬間までが、贈り物には詰まっている。

そう思うと、贈り物、尊すぎる。

 

自分が貰う側だと考えてみてよ。

だいすきなひとが自分のことで頭をいっぱいにしてたくさん悩んで(まあもしかしたら全く悩まず買うこともあるかもしれないけど)これだと決めてドキドキしながら今差し出しているのかと思ったら、プレゼントとはなんて愛おしいんだ!!!と叫びだしたくなりませんか。

 

などといま5cmほど浮きながら書いています。

今年の誕生日プレゼントを、果たして恋人は喜んでくれるでしょうか。

ドキドキが詰まりすぎて重いプレゼントを隠し持って、とびきり可愛い女の子になって、ひとつ年が離れた恋人に会いに行く。